ニュース
VR

車のカバーを着用すると車を保護しすぎますか?

車のカバーを着用すると車を保護しすぎますか?

 

クルマは多くの人の日常生活に入り込み、なくてはならない相棒となっています。車の手入れは人々の生活の一部となっており、多くの友人が車にカバーを付けることを選択しています。 

道端や住宅街の駐車場で車にカバーをしている人も見かけます。これは本当に必要ですか?以下、この状況を皆さんと一緒に分析していきます。


 


まず第一に、私たちが理解する必要があることは理解しています。車のカバー は。あ車のカバー 実際には車の外側のカバーであり、通常は車のサイズに応じて布やその他の素材で作られています。 

外側のカバーは車の保護具の一種で、車の塗装やガラスをしっかりと保護します。

 

また、長期間駐車した車の場合、カーウェアをかぶせると、鳥の糞や雨水が車に落ちるのを効果的に防ぎ、必要な場合に傷が付くのを防ぐことができます。 

しかし、別の問題があり、それは、車の衣服の内側は通常織物であることです。

 

洗車をせずに車にカバーをかけてしまうと、車を覆う細かい粉塵が風の影響でサンドペーパーのように車の表面を直接覆ってしまいます。強い光の下で走行すると特に目立ちやすくなります。

 

また、車内の空気循環が不十分なため、再び車を使用すると、特に夏場は車内の空気が蒸し器のように感じられます。この気持ちが特に強い 

なぜなら、外気温は通常30度を超えるからです。再び車のボンネットをかぶって車内に座ると、すぐに汗をかきます。


 


また、フードの面積が比較的大きいため、一人で使うにはかなり面倒な点もポイントです。停車直後にボンネットを装着することは不可能です。

 エンジンが停止したばかりで、温度がまだ比較的高いためです。ボンネットをかぶるとエンジンが高温状態になります。

 

上記のことから、ボンネットを使用するときは、車を完全に落ち着かせて再度洗浄するのが最善であることがすでにわかりました。ボンネットを選択するときは、顕著な効果を発揮するために、自分の車に合ったサイズを見つける必要もあります。 

また、フードが汚れている場合はしっかりと掃除しないと逆効果です。

 

使用シーンとしては、車を地下駐車場に長時間駐車するときだと思います。これを装着すると、車に埃が溜まるのを防ぎ、保護効果が得られます。また、積雪地域では、

 車の凍結を心配する必要もありません。


 


また、車を一定期間放置したい場合は、まだ使用できますが、そうでないと、次回使用したときに、すでに車に埃の層があることに気付くでしょう。

 

現在、自動車市場の車のカバーの素材は実際には不均一です。小さな利益に惑わされず、自分にとって効果的なものを選択すべきだと思います。使用する際には状況にも注意が必要ですが、 

車のカバーがその役割を果たすことができるように、そうでなければ逆の効果をもたらします。では、車のカバーの使い方は誰もが知っていますよね?


基本情報
  • 年設立
    --
  • 事業の種類
    --
  • 国/地域
    --
  • メイン産業
    --
  • 主な製品
    --
  • エンタープライズリーガル人
    --
  • 総従業員
    --
  • 年間出力値
    --
  • 輸出市場
    --
  • 協力したお客様
    --
Chat
Now

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
svenska
Polski
Nederlands
Português
한국어
日本語
italiano
français
Español
Deutsch
العربية
現在の言語:日本語